体を作るたんぱく質

たんぱく質の基本情報

 

 

たんぱく質は体のあらゆる組織を作るいわば、基本材料的な役割をしています。

 

体の成長に大きく関わってくるので、子供の時にたんぱく質を満足に摂らないと

 

体や脳が十分に発達しないといった弊害があります。

 

また、体力や免疫力の低下にも影響しているので、しっかりと摂らないと

 

病気がちの体の弱い子になってしまいます。

 

 

スポーツや筋トレをすると、筋肉は壊れてしまします。

 

壊れた筋肉を再び作り、より強い筋肉に変えていくためには

 

たんぱく質が必要です。

 

激しい運動や、力仕事をしている人は普通の人より特に多く

 

たんぱく質を摂って、筋肉を再生成しなければいけません。

 

 

たんぱく質は20種類のアミノ酸からできていて、その中の

 

9種類は体の中で合成できないので、食事から摂取しなければいけなく、

 

必須アミノ酸といいます。

 

 

・たんぱく質を多く含む食材

 

 

肉や魚、乳製品、卵、などには動物性のたんぱく質

 

大豆や穀類などには植物性のたんぱく質が多く含まれています。